本文へスキップ

〜やわらかな季節のなかへ〜

TEL.046-267-8085

〒242-0014 1777 kamiwada yamato-shi kanagawa,japan

見出しpast exhibition

これまでの展示

2017年2月1日(水)〜2017年3月26日(日) 
笹倉鉄平版画ミュージアム オープン10周年記念
「懐かしいとき、そして今」
「窓辺」「ウェディング・イン・ザ・パーク」「手作り篭の店」「寿ぎの窓辺」
「他にも道はある」等、懐かしい作品とそして最新作へと次の展開を期して本展を企画しました。

2016年11月23日(水・祝)〜2017年1月29日(日)
「ふれあいいろいろ」
今回は「サン・ルーに降る雪」「ソング・オブ・ストックブリッジ」「メソン」「ペタンク」等、
心暖まるふれあいや情景を描いた版画作品を中心に第1展示室にて展示しました。


2016年11月2日(水)〜2017年1月29日(日)
「「京都フィレンツェ光の情景画展」再現展」
昨年に京都とフィレンツェで両市姉妹都市提携50周年を記念して、笹倉鉄平
個展で展示された原画「サンタ・マリア・ノヴェッラ広場にて」
「暖簾をくぐって」「春色な夢の宵」「チェルキ通り」等を第2展示室で展示しました。

2016年11月2日(水)〜2016年11月20日(日) 
第8回「やまと子ども絵画大賞
第1展示室で、第8回「やまと子ども絵画大賞」の受賞作品56点を展示。
なお、11月6日(日)13:00より優秀賞以上の受賞作品の表彰式を行いました。

★無事終了しました。たくさんのお客様にご来館いただき、ありがとうございました

2016年8月31日(水)〜2016年10月30日(日) 
「空の色いろいろ」
 今回は空の景色を描いた版画作品を展示!
「オン・フルール」「浜辺の日曜日」「スター・アトラス」シリーズ等、
空が印象的な風景を描いた版画作品を中心に展示します。
また通路に秋の水辺の景色を描いた版画作品を中心に展示しました。

2016629日(水)〜2016828() 
「水辺の色いろいろ
「ラゴマジョーレ」「雨あがり」「サン・トロペ」「月光浴」等、水辺の景色を描いた
作品を展示しました。

2016年4月27日(水)〜2016年06月26日(日) 
「窓辺の景色いろいろ&イラストレーター時代の作品」
今回は窓辺の景色を描いた版画作品とイラストレーター時代の作品の原画を展示。
第1展示室では「窓辺」「白い時間」「エヴァーグリーン」「アパルトマンの窓辺」等、
窓辺の景色を描いた作品を展示しました。
第2展示室では画家になる前に描いていたイラストレーター時代の作品の原画を展示しました。

2016年2月24日(水)〜2016年04月24日(日) 
「のんびりのどかなまち」
村や町の風景を描いた作品を展示
「マヨール広場」「アルコス・デ・ラ・フロンテーラ」「サン・シル・ラポピー」「グリチーネ」等、
のどかな気持ちになれる村や町の風景の作品を中心に展示しました。

2016年1月6日(水)〜2016年2月21日(日) 
笹倉鉄平版画ミュージアム 開館9周年
 「笹倉鉄平 新春原画展」
 今回は開館9周年を記念して、「ラ・ランス」「ヴァカンス」「ユトレヒトの花束」等の
原画10点及び「ブルーメンス」「ヴィーナスの港」等の
穏やかな水辺の景色を描いた版画を展示しました。
また2月7日(日)14時〜15時に笹倉鉄平先生のサイン会を開催致しました。
★無事終了しました。たくさんのお客様にご来館いただき、ありがとうございました!

20151118日(水)〜1227
Have a nice trip!〜ヨーロッパの北部と中央部を巡る旅
「デヴォン」「ブリッゲン」「パープル・スノー」「イルミネーション
イギリス・北欧諸国・ドイツ・オーストリア周辺を描いた作品を中心に展示しました。

20151028日(水)〜20151115() 
第7回「やまと子ども絵画大賞」
第1展示室では、第7回「やまと子ども絵画大賞」の受賞作品56点を展示。
なお、11月1日(日)13:00より優秀賞以上の受賞作品の表彰式を行いました。
第2展示室では、「メヴァギッセイ」「スター・アトラス/北星図」「エヴァーグリーン」「月の光に」等、ドイツ・オーストリア・スイス・イギリス周辺を描いた作品を中心に展示しました

★無事終了しました。たくさんのお客様にご来館いただき、ありがとうございました!

2015916日(水)〜20151025() 
 Bon voyage! 〜西欧を巡る旅 part2〜」
西ヨーロッパ編第二弾!
「サン・トロペ」「ペタンク」「手作り篭の店」「芸術橋の上で」等、
フランス・オランダ・ベルギー周辺の街や港を描いた作品を中心に展示しました。

2015715日(水)〜20150913() 
Bon voyage! 〜西欧を巡る旅 part1〜」
今年の展示はその地域ごとの特色を楽しんで頂きます。
今回は西ヨーロッパ編第一弾!
「オンフルール」「ブルーメンス」「永遠に」「ヴァカンス」等、
フランス・オランダ・ベルギー周辺の港や海辺を描いた作品を中心に展示します。
笹倉先生が描いた絵画の世界でBon voyage!(ボン ボワイヤージュ!)
Bon voyage ・・・・・・フランス語で「良い旅を!」。発音はフランス語読みにしております。

2015513日(水)〜20150712() 
Buon viaggio! 〜南欧を巡る旅 part2〜」
南ヨーロッパ編第二弾!
「カダケス」「夢の解放」「カフェ・ベラ・ノッテ」「月光浴」等、スペイン・イタリア・ギリシャ周辺の港や海辺を描いた作品を中心に展示しました。


2015225日(水)〜20150510() 
 Buon viaggio! 〜南欧を巡る旅 part1〜」
南ヨーロッパ編第一弾!
「マヨール広場」「雨あがり」「ヴィーナスの港」「祝福」等、
スペイン・イタリア周辺を描いた作品を中心に展示しました。


2015年1月7日(水)〜2月22日(日)
笹倉鉄平版画ミュージアム
開館8周年記念「笹倉鉄平 新春原画展」
作家来館 サイン会開催 1月17日(土) 14:00〜15:00

今回はこれを記念して、「夕日の街イア」「白い時間」等の原画15点及び
日本の景色を描いた版画を展示しました。

★無事終了しました。たくさんのお客様にご来館いただき、ありがとうございました!

2014年11月19日(水)〜2014年12月28日(日)
「はちみつ色の味わい」
「ペタンク」「スター・アトラス/南星図」「ブリッゲン」等
笹倉先生ならではの、様々なはちみつ色の景色を描いた作品を展示します。
第2展示室ではクリスマスの景色を描いた「サン・ルーに降る雪」「きよしこの夜」等を展示します。


2014年10月29日(水)〜2014年11月16日(日) 
第6回「やまと子ども絵画大賞」
第1展示室では、第6回「やまと子ども絵画大賞」の受賞作品55点を展示。
第2展示室では、笹倉鉄平版画作品、「手作り篭の店」シルクスクリーン版画の制作工程を
パネルにしたものを展示。
★無事終了しました。たくさんのお客様にご来館いただき、ありがとうございました!

2014年8月20日(水)〜2014年10月26日(日)
「あこがれの赤紫」
「マヨール広場」「スター・アトラス/北星図」「メヴァギッセイ」「オンフルール」等
笹倉先生ならではの、様々な赤紫の景色を描いた作品を展示しました。

 2014年5月14日(水)〜2014年8月10日(日) 
「なつかしい青を想う」
「カダケス」「プエルト・バヌス」「サン・トロペ」「月光浴」等
笹倉先生ならではの、様々な青の景色を描いた作品を展示しました。

2014年2月26日(水)〜2014年5月11日(日) 
 「さわやかな緑の風を感じて」
第1展示室では「デヴォン」「森のむこう」「ウェデイング・イン・ザ・パーク」等
さわやかな緑の景色を描いた作品を展示しました。
第2展示室では花束のある景色を描いた作品を中心に展示しました。

20141月8日(水)〜2014223() 
笹倉鉄平版画ミュージアム 開館7周年記念
「笹倉鉄平 新春原画展」
 皆様に支えられ、お陰さまで当ミュージアムは開館7周年を迎える事が出来ました。
 今回はこれを記念して、「エヴァーグリーン」「オルタ・サン・ジュリオ」等の油彩画、
 「大きな木と小さなカフェ」「湖水をながめながら」等の淡彩画の原画30点を展示しました。
★無事終了しました。たくさんのお客様にご来館いただき、ありがとうございました!

 2013年11月20日(水)〜2013年12月28日(日) 
「やわらかな季節のなかで 〜 2001-2010 冬編 〜」
第1展示室では2001年〜2010年頃に発表、または版画になった作品を
季節ごとに分けて展示。 「サン・ルーに降る雪」「雪の町家通り」などを展示しました。
第2展示室では不思議な世界を描いた作品を中心に展示しました


2013
1030日(水)〜20131117()

1展示室では、第5回「やまと子ども絵画大賞」の受賞作品55点を展示。
2展示室では、カンボジアの子ども達の描いた「カンボジアの風景」21点を展示。また、笹倉鉄平版画作品、「パープル・スノー」シルクスクリーン版画の制作工程を パネルにしたものを展示。

★無事終了しました。たくさんのお客様にご来館いただき、ありがとうございました!


2013828日(水)〜20131027() 
「やわらかな季節のなかで 〜 2001-2010 秋編 〜」
1展示室では2001年〜2010年頃に発表、または版画になった作品を
季節ごとに分けて展示しました。 「オストゥーニ」「キァンティ」などを展示しました。
2展示室では夕暮れを描いた作品を中心に展示しました。

2013619日(水)〜2013825() 
「やわらかな季節のなかで 〜 2001-2010 夏編 〜」
1展示室では2001年〜2010年頃に発表、または版画になった作品を
季節ごとに分けて展示します。「カダケス2010」「ヴァカンス」などを展示しました。
2展示室では子ども達のどこかまばゆい瞬間を描いた作品を中心に展示しました。

2013年4月17日(水)〜2013年6月16日(日) 
「やわらかな季節のなかで 〜 2001-2010 春編 〜」
第1展示室では2001年〜2010年頃に発表、または版画になった作品を
季節ごとに分けて展示します。 「グレヴタイの庭」「桜茶屋」などを展示しました。
第2展示室ではイタリアの春を描いた作品を中心に展示しました。

2013年2月13日(水)〜2013年4月14日(日) 
「やわらかな季節のなかで 〜 2001-2010 早春編 〜」
第1展示室では2001年〜2010年頃に発表、または版画になった作品を
季節ごとに分けて展示します。 「寿ぎの窓辺」「バルカローラ」などを展示しました。
第2展示室ではのどかでゆったりとした作品を中心に展示しました。

20121128日(水)〜2013210() 
「やわらかな季節のなかで 〜 1991-2000 冬編 〜」
1991年〜2000年の10年間に発表、または版画になった作品を季節ごとに分けて展示。
「マヨール広場」「アルコス デラ フロンテーラ」などを展示しました。

1展示室
2012926日(水)〜1125() 
「やわらかな季節のなかで 〜 1991-2000 秋編 〜」
1991年〜2000年の10年間に発表、または版画になった作品を季節ごとに分けて展示
今回は「カダケス」「ヴァイオリンの森」等の夏から秋のイメージで描かれた作品を展示しました。

2展示室
2012926日(水)〜112()  1121()25() 

「やわらかな季節のなかで Fantastic World 200112
2展示室では20012012年に発表された不思議な空想を描いた版画作品を展示しました。

2012113日(土)〜1118日(日)
4回「やまと子ども絵画大賞」受賞作品展示(第2展示室)
無事終了しました。たくさんのお客様にご来館いただき、ありがとうございました!

2012718日(水)〜923()
「やわらかな季節のなかで 〜 1991-2000 夏編 〜」
1991年〜2000年の10年間に発表、または版画になった作品を季節ごとに分けて展示。今回は「カフェ・ベラ・ノッテ」「オンフルール」等の夏から秋のイメージで描かれた作品を展示しました。

2012516日(水)〜715()
「やわらかな季節のなかで 〜 1991-2000 春編 〜」
1991年〜2000年の10年間に発表、または版画になった作品を季節ごとに分けて展示。「ユトレヒト」「窓辺」等の春から初夏のイメージで描かれた作品を展示しました。

2012年3月14日(水)〜5月13日(日)
「ヨーロッパと日本の風景〜版画とその習作〜」
「ヨーロッパと日本の風景」特集では、「朝霧のケンジントン公園」、「キティ・オン・チェアー」、「寿ぎの窓辺」などの習作を版画と一緒に展示しました。

2012年1月7日(土)〜 3月11日(日)
ミュージアム開館5周年記念展第3弾 「フランスの風景〜版画とその習作〜」
今回の「フランスの風景」特集では、「ラ・ランス」、「芸術橋の上で」、「ヴァカンス」などの習作を版画と一緒に展示しました。

2011年10月12日(水)〜 12月28日(水)
ミュージアム開館5周年記念「イタリアの風景〜版画とその習作A〜」
「イタリアの風景」特集の2回目は、街角でのワンシーンやトスカーナの豊かな自然を描いた作品を中心に展示しました。
【笹倉鉄平先生サイン会開催】
11月3日(木・祝)14:00〜15:00
サイン会に先立ち、笹倉鉄平先生が審査委員長として開催した、第3回「やまと子ども絵画大賞」の表彰式を
行いました。大賞から上位入賞者10名の表彰を行い、受賞者の保護者、神奈川新聞社などマスコミ関係者を含め、大勢参加して頂きました。

【第3回やまと子ども絵画大賞 受賞作品展示】
3回目の開催となった「やまと子ども絵画大賞」。大和市内に在住在学の小中学生の力作,大賞〜入選までの
全入賞作品54点を展示しました。11月3日(木・祝)〜20日(日)於:第2展示室2011年10月12日(水)〜 12月28日(水)
「イタリアの風景」特集の2回目は、街角でのワンシーンやトスカーナの豊かな自然を描いた作品を中心に展示しました。


2011年8月3日(水)〜 10月9日(日)
ミュージアム開館5周年記念「イタリアの風景〜版画とその習作@〜」
8月より開館5周年記念展がスタートしました。ある作品を手がける前の、きっかけとなったスケッチや構想を練るために描かれた「習作」を、版画作品と共に見ていただく企画です。第1回目は「ヴィーナスの港」「バルカローラ」「夢の解放」「語らい」などイタリアを舞台にした作品とその習作を展示しました。

2011年5月25日(水)〜7月31日(日

「ヨーロッパの街並と世界遺産」
ヨーロッパの街並みを大きな画面に臨場感たっぷりに描いた作品や、世界遺産に登録されている歴史ある
街並みを描いた作品を展示しました。


2011年3月2日(水)〜5月22日(日)
「笹倉鉄平 水彩・淡彩画特集」
『笹倉鉄平ヨーロッパ旅の画集』に掲載された原画5点を特別展示!水彩・淡彩画をもとに版画 された作品を特集致しました。3月11日発生した東日本大震災の影響で、3月14日から4月19日まで、休館とさせて頂きました。


2011年1月7日(金)〜2月28日(月)
第1展示室「日本の四季」
第2展示室「セピア色の街」
笹倉鉄平といえば「ヨーロッパの風景」のイメージが強いですが、ここ数年は日本を描いた作品も増えてきています。古き善き京都の佇まいを描いた作品や、桜舞う春、錦秋の寺院の庭など、笹倉作品の新たな魅力をご紹介
しました。

201011月3日(水)〜1227日(月)
笹倉鉄平版画ミュージアム4周年記念展
Teppeis Blue

オープン4周年記念として、名作「ラゴ・マジョーレ」の原画を中心に、「サン・トロペ」「メヴァギッセイ」「アフター・グロウ」などミュージアム内が“Teppeis Blue”に染まりました。

 ★2010116日(土)〜1123日(火・祝)
  第2回「やまと子ども絵画大賞」受賞作品展示(第2展示室)

2010929日(水)〜11月1日(月)
「お客様が選んだ人気作品展」

2010年1月〜9月の「笹倉鉄平20年の軌跡IV」の展示期間中に実施したお客様アンケートの結果をもとに当ミュージアムのお客様に人気の高かった作品を展示しました。展示作品:「サン・トロペ」「カフェ・ベラ・ノッテ」「サン・ルーに降る雪」「夕日の街イア」「きよしこの夜」など。

2010年8月4日(水)〜9月27日(月)
「笹倉鉄平 
20年の軌跡X」
笹倉鉄平画業20年の軌跡を辿る企画の最終回は、2004年〜2010年の最新作までをご紹介しました。第1展示室はフランスと日本、第2展示室ではイタリア・イギリスなどを描いた作品を展示。代表作「浜辺の日曜日」「ヴァカンス」「オストゥーニ」「八坂の塔」「芸術橋の上で」「カダケス2010」など。

2010年6月16日(水)〜8月2日(月)
「笹倉鉄平 20年の軌跡IV
笹倉鉄平画業20年の軌跡を辿る企画の第4弾は、2000年〜2004年制作の約30点をご紹介しました。第1展示室は日本とイタリア、第2展示室ではフランスとドイツを描いた作品を展示。代表作「森のむこう」「ヴィーナスの港」「夢の解放」「サン・ルーに降る雪」「エヴァーグリーン」など。

2010年4月28日(水)〜6月14日(月)
「笹倉鉄平 20年の軌跡III
笹倉鉄平画業20年の軌跡を辿る企画の第3弾は、1997年〜2000年制作の約30点をご紹介しました。第1展示室はヨーロッパ各国の風景、第2展示室ではギリシアを描いた人気のシリーズを展示。代表作「オルタ・サン・ジュリオ」「メヴァギッセイ」「永遠に」「スター・アトラス/南星図・北星図」「月光浴」など。

2010年3月3日(水)〜4月26日(月)
「笹倉鉄平
20年の軌跡II
笹倉鉄平画業20年の軌跡を辿る企画の第2弾は、1994年〜1997年制作の約30点をご紹介しました。第1展示室はフランス・イタリア、第2展示室ではオランダ・ベルギーを描いた作品を展示。代表作「コリチェッラ〜虹のたつ港」「雨のポルトフィーノ」「カフェ・ベラ・ノッテ」「オンフルール」など。

2010年1月8日(金)〜3月1日(月)
「笹倉鉄平 20年の軌跡T」
2010年、笹倉鉄平は画業20周年を迎えました。版画ミュージアムの2010年は、デビューから版画のリリース順に20年の軌跡を辿る企画がスタート。第1弾では、1991年から1994年までに発表された約30点をご紹介しました。代表作「カダケス」「ユトレヒト」「ラゴ・マジョーレ」「窓辺」「ヴィルフランシュ」「サン・トロペ」など。

20091125日(水)〜1228日(月)
Season’s Greetings”
最新作「12月のティールーム」を中心に、「スター・スノー」「きよしこの夜」「灯り」「イルミネーション」などなど、冬の名作を多数展示し、子ども達にも大好評でした。

20091021日(水)〜1123日(月)
笹倉鉄平版画ミュージアム3周年記念展 「パリ個展再現」
京都市・パリ市の姉妹都市盟約締結50周年を記念して、昨年パリで開催された個展を再現。「リュ・ド・ノエ ル」や「雪の町家通り」、「モンマルトル」「ヘヴンリィ」などの貴重な原画も展示しました。

20091024日(土)〜119日(月)
第1回「やまと子ども絵画大賞」受賞作品展示(第2展示室)

2009930日(水)〜1019日(月)
「音楽にのせて」「月の調べ」と題して、「ウィンド・ソング」「ゲトライゼ通り」などの“音楽のある風景”や「オンフルール」「月の記憶」など、静謐な時間を楽しめる作品を展示しました。

200985日(水)〜928日(月
1展示室では「夏の輝き」と題して、「カフェ・ベラ・ノッテ」「ヴァカンス」「バルカローラ」などの作品を展示しました。第2展示室では「星空を見上げて」として、「スター・アトラス」三連作をはじめ、星の瞬く作品をご紹介しました。

2009617日(水)〜83日(月
1展示室では「空と海と…」と題して、「コリチェッラ〜虹のたつ港」「浜辺の日曜日」「モルジュの夕陽」など海や空の印象的な作品を展示しました。第2展示室では「Rainy Day」として、「雨あがり」「ローテンブルクの雨」「みんな雨の中」など、雨も悪くない・・・そう思える場面をご紹介しました。

2009429日(水)〜615日(月)
Buon viaggio ! 〜ヨーロッパの街角へ〜」と題し、ヨーロッパの街角散策を味わえる作品を集めました。
第1展示室では「モンタルチーノ」「ロクブリュヌ」「ジェラテリア」など昼下がりの街角を描いた作品を展示しました。第2展示室では、「サン・シル・ラポピー」「夢の解放」「オルタ・サン・ジュリオ」「ラ・ランス」など、にぎやかな夜、静かにもの思う夜、いろいろな街の夕暮れから夜にかけての場面をお楽しみいただきました。

200941日(水)〜427日(月)
第1展示室では、館長のチョイス!「春の香りにつつまれて」と題し、「グレヴタイの庭」「プティ・ボヌール」をはじめ、陽光に輝く花々の作品を展示しました。第2展示室では、「動物のいる風景」をテーマに「ラゴ・マジョーレ」「デ・ヴォン」など、人々に寄り添って暮らす動物たちの描かれた作品を紹介しました。

2009211日(水・祝)〜330日(月)
特別企画展「版画になった原画展」

1展示室に版画作品、第2展示室にその原画作品を展示しました。
「サン・ルーに降る雪」「エヴァーグリーン」「ヴィーナスの港」など、人気作の原画をひとめ見ようと多くのお客様にご来館いただきました。

200917日(水)〜29日(月
1展示室では、館長のチョイス!「日本の心」と題して、「フロム・ザ・パスト」「雪の町家通り」にスポットをあてました。第2展示室では、「ファンタジー」をテーマに、「ルナ・パーク」「夢の解放」などファンタジックな作品を展示しました。

2008123日(水)〜1229日(月)
1展示室では、『オリジナル切手<Vol.2>発売記念!特別展』として、切手の図柄となった作品「アルコス・デ・ラ・フロンテーラ」(80円切手)と「メソン」(50円切手)を展示しました。その他、クリスマスシーズンにふさわしい作品を展示しました。第2展示室では、『開館2周年記念展 〜版画の中に登場した小物たちを展示〜』を2ヶ月にわたり開催しました。

2008115日(水)〜121日(月
1展示室では、館長のチョイス!「フランスを巡る」をテーマに、「サン・トロペ」・「ラ・ランス」をとりあげました。その他、フランスを題材に描いた作品を多数集め展示しました。第2展示室では、開館2周年記念展〜版画の中に登場した小物たちを展示〜を開催しました。

2008101日(水)〜113日(月・祝)
1展示室では、「お気に入りのカフェでひと時を…」をテーマに、「はちみつ色の微笑み」「それぞれのひと時」など心がほっと温まるような作品を展示しました。第2展示室では、「犬と一緒!」と題して、絵の中に犬が登場する作品を集め2ヶ月にわたり展示しました。

200893日(水)〜929日(月)
1展示室では、館長のチョイス!「ムーンライト」と題して「月光浴」、「月の記憶」をとりあげました。他 にも、月が描かれている作品を多数展示しました。第2展示室では、「犬と一緒!」をテーマに、絵の中に犬が 登場する作品を集め展示しました。

2008730日(水)〜91日(月
1展示室では、浜辺を描いた作品の中から、波と戯れ、元気に遊ぶ子供や微笑ましい恋人達を描いた、「オステンド浜」、「エクリューズ浜」を展示しました。第2展示室では、北京オリンピック開催記念「中国展覧会−
2006
年秋−回顧展」を開催しました。特別展示として、中国展の為に描いた油彩画「北京雨情」を展示しました。

2008625日(水)〜728日(月
1展示室では、もし過去や未来を映す湖があったら――。幻想的な湖の風景を描いた「永遠に」「自分の中の少年」をとりあげました。他にも、「ラゴ・マジョーレ」「モルジュの夕陽」などを展示しました。

2展示室では、特別企画展 北京オリンピック開催記念「中国展覧会−2006年秋−回顧展」を開催。版画作品「ヴァカンス」「オストゥーニ」などの他、油彩画「北京雨情」を特別展示しました。

2008528日(水)〜623日(月)
1展示室では、雨の情景を描いた「雨のポルトフィーノ」(1995)「ローテンブルクの雨」(2004)を展示しました。“傘”がとても印象的で、優しい雨音が聞こえてくるような心温まる作品。その他にも“雨”に関連した作品「あじさい寺」「あじさいのテラス」などを展示しました。第2展示室では、連作・シリーズ作品特集としてテーマ別展示を行いました。「水辺のスケッチ・スィート」のリリース記念として、「水辺の四季スィート」(1993)「子供達の夕暮れ」(1993)「シーズンズ・スイート」(2004)など連作・シリーズ作品を集め、2ヶ月にわたり展示しました。

2008430日(水)〜526日(月)
皐月展では、新緑の季節にふさわしい「森のむこう」(
2000)「マロニエの木陰で」(2005)などを展示しました。他には、「エヴァーグリーン」や「デヴォン」など見ているだけで心も体もリフレッシュさせてくれるような清々しい作品を展示しました。

2展示室では、連作・シリーズ作品特集としてテーマ別展示を行いました。「水辺のスケッチ・スィート」のリリース記念として、「水辺の四季スィート」(1993)「子供達の夕暮れ」(1993)「シーズンズ・スイート」(2004)など連作・シリーズ作品を集め展示しました。

200843日(水)〜428日(月)
卯月展では、切手の新発売を記念し、「笹倉鉄平オリジナル切手発売記念!特別展」として切手のデザインとなった、画家として初めて発表した記念すべき作品「カダケス」と、同じく初期の代表作「ユトレヒト」を展示、その他春らしい花々を描いた作品などを展示しました。

2展示室では、「猫のいる風景」と題したテーマ別展示を行いました。笹倉作品の中に犬が数多く登場するのは有名な話ですが、実は猫ちゃんもけっこう描かれているのです。そこで、猫ちゃんたちにも注目し、猫が描かれている作品を集めて展示しました。

 
200835日(水)〜331日(月)
弥生展では、第1展示室の『館長のチョイス!』で“春の花々”をとりあげました。暖かな日差しに包まれて、草花が芽吹く春……。そんな初春の雰囲気に合わせて、笹倉作品の中から「ユトレヒト」「ブルーメンス」など、春らしい花々を描いた作品を中心に展示しました。

2展示室では、「猫のいる風景」と題したテーマ別展示を行いました。笹倉作品の中に犬が数多く登場するのは有名な話ですが、実は猫ちゃんもけっこう描かれているのです。そこで、猫ちゃんたちにも注目し、猫が描かれている作品を集めて展示しました。

2008130日(水)〜33日(月)
1展示室の如月展では、『館長のチョイス!』は“日本の四季”と題して、年の初めにふさわしい作品「寿ぎの窓辺」や、日本各地四季折々の風景を描いた連作「シーズンズ・スイート」をとりあげました。他にも、京都を描いた「八坂の塔」「雪の町家通り」、春を待つ気持ちを表現した「ローテンブルクの雨」などの作品を展示し、最新作「ビスケット・ショップ」も2月中旬から展示しました。
2展示室では、特別企画展「笹倉鉄平画家デビュー前の作品展 Part2」を昨年末から引き続き開催。ケーキやクッキー、アイスクリームなどおいしそうなイラスト原画のほか、“ミュージアム開館1周年記念”として制作された当館オリジナルポストカードの原画3点も展示しました。

200819日(水)〜128日(月)
1展示室の睦月展では、館長のチョイス!は「日本の四季」と題して、日本各地の四季折々の風景を描いた作 品をとりあげました。他にも、最新作「八坂の塔」「雪の町家通り」や、寒い季節でもあたたかな気持ちになるような雪景色の作品を多数展示しました。

2展示室では、特別企画展「笹倉鉄平画家デビュー前の作品展 Part2」を開催。ケーキやクッキー、アイスクリームなどおいしそうなイラスト原画のほか、“ミュージアム開館1周年記念”として制作された当館オリジナルポストカードの原画3点も展示しました。

20071131日(水)〜1224日(月)
1展示室では、クリスマスの時期にぴったりの3作品をとりあげました。他にも、寒い季節でもあたたかな気 持ちになるような雪景色の作品を多数展示したほか、最新作「八坂の塔」「雪の町家通り」も展示しました。

2展示室では、1214日(金)までは“月夜”というテーマで「月光浴」(1999年)「月の記憶」(2002年)などを展示し、1215日(土)“笹倉鉄平ふれあいDay”以後は、特別企画展「笹倉鉄平画家デビュー前の作品展 Part2」を開催しました。ケーキやクッキー、アイスクリームなどおいしそうなイラスト原画のほか、“ミュージアム開館1周年記念”として制作された当館オリジナルポストカードの原画3点も展示しました。

2007103日(水)〜1029日(月)
1展示室では、「窓辺で楽しむ」と題して、窓辺シリーズの中から、「窓辺」(1993年)「白い時間」(2000年)「エヴァー・グリーン」(2003年)「キァンティ」(2005年)の4作品を展示しました。
2展示室では、「月夜」というテーマで、「月光浴」(1999年)「月の記憶」(2002年)などの作品を2ヶ月半継続して展示しています。

 
2007829日(水)〜101日(月)
1展示室 館長のチョイス!「満月」
1 展示室では、“満月”を描いた3作品をとりあげました。スペインの白い村を描いた「アルコス・デ・ラ・フロンテーラ」(1992年)、フランスの港町を描いた「マントン」(1994年)、フランスの避暑地を描いた「オンフルール」(1997年)。
笹倉がイメージを膨らませて描いた“満月”が並びました。

2展示室では、特別企画展「笹倉鉄平 画家デビュー前の作品展 Part1“イラストレーター時代はどんな絵を描いていたの?”と題して、笹倉が画家として活動を始める以前の貴重な原画を2ヶ月継続して展示しました。

200781日(水)〜827日(月)
1展示室“館長のチョイス”では、「ヴァカンスを過ごすなら?」と題して、ヨーロッパの避暑地の風景を描 いた作品の中から「プエルト・バヌス」(1992年)、「浜辺の日曜日」(2004年)、「ヴァカンス」(2005年)の3作品をとりあげました。

2展示室では、特別企画展「笹倉鉄平 画家デビュー前の作品展 Part1」“イラストレーター時代はどんな絵を描いていたの?”と題して、笹倉が画家として活動を始める以前の貴重な原画を2ヶ月継続して展示しています。

200773日(水)〜730日(月)
1展示室“館長のチョイス”では、「広場でのひととき」と題して、スペインが舞台の「マヨール広場」、イタリアの広場をもとにして描いた「カフェ・ベラ・ノッテ」と「アトラーニ」の3作品をとりあげました。

2展示室では、“夏を楽しむ”と題して、夏の浜辺や夏を楽しむ子供たちなど、笹倉の描く様々な夏の風景を展示しました。

2007530日(水)〜72日(月)
1展示室“館長のチョイス”では、「島へ架ける……」と題して、イタリアの島を描いた作品の中から、1993年に発表された「ラゴ・マジョーレ」、1995年の「コリチェッラ〜虹のたつ港〜」、1997年の「オルタ・サン・ジュリオ」を紹介しました。舟に揺られて……、気球に乗って……、虹を渡って……、様々な島への架け橋を絵の中から見つけられる、そんな3作品です。“館長のチョイス!”の他にも、「サン・トロペ」「夢の解放」など、多数の作品を展示しました。

2展示室では、“小雨降っても……”と題して、雨の風景を描いた作品や雨の季節に関連した作品を展示しました。「雨あがり」「ジュラテリア」「あじさい寺」「みんな雨の中」などなど……。憂鬱になりがちな梅雨の時期ですが、笹倉の描く穏やかな優しい雨に展示室は包まれました

 2007年5月2日(水)〜5月28日(月)
第1展示室“館長のチョイス”では、笹倉の真骨頂ともいうべき港の夜景を描いた作品の中から、1998年に発表された「メ ヴァギッセイ」、2005年の「バルカローラ」にスポットを当てました。それぞれイギリスとイタリアの港町を描いています。カモメの視点で眺める表現、様々な時間の印象を同じ風景の中に入れ込んだ表現など、港町の風景でもそれぞれ違う味わいが楽しめる2作品です

2展示室では、4月から継続的に“新緑の季節”というテーマで、青葉の眩しい季節にぴったりの作品を展示しました。「デヴォン」「森のむこう」「グレヴタイの庭」などなど……。木々の芽吹く頃から初夏にかけてのさわやかな風を感じられるような作品が並びました。

2007年3月28日(水)〜4月30日(月)
第1展示室での新企画“館長のチョイス!”がスタートし、初回は「スター・アトラス」と題された3作品を紹介しました。ギリシア、オーストリア、イタリアを舞台に描かれた満点の星空が印象的な作品です。“館長のチョイス!”作品の他にも、最新作「モルジュの夕陽」や「ラ・ブレス」「ブルージュの船着き場」など多数の作品を展示しました。

第2展示室では、「新緑の季節」と題して、青葉の眩しい季節にぴったりの作品を揃えました。「デヴォン」「森のむこう」「グ レヴタイの庭」などなど……。木々の芽吹く頃から初夏にかけてのさわやかな風を感じられるような作品が並びました。

2007年2月14日(水)〜3月26日(月)
ミュージアムオープン記念展の最終回として、「笹倉鉄平 画業15年のあゆみ」Part4を開催しました。
第1展示室には、今までにお見せできなかった代表作「プエルト・バヌス」「ウェディング・イン・ザ・パーク」「自分 の中の少年」などの他、今年最初にリリースされた「寿ぎの窓辺」も展示しました。
第2展示室では、「水辺の四季と花の風景」と題して、花のある風景を描いた作品を中心に展示しました。笹倉が花を描きたくなるのも、春を待ちこがれている時期が多いとか、笹倉の描く花々は、今にもその香りが漂ってきそう・・・。「ブルーメンス」「フラワー・バスケット」「幸せは公園」など、色彩豊かな作品が勢揃いし、展示室いっぱいに笹倉色の花々が咲き誇りました


オープン当初からの継続企画の第3弾 
第1展示室
1992年発表の「ルナ・パーク」から新年初リリース「寿ぎの窓辺」まで、各年代の作品を展示しました。フランスの避暑地の夜景を描いた「ヴィルフランシュ」や、フィレンツェのシンボル・ベッキオ橋がモチーフの「祝福」などの代表作が並びました。
第2展示室 「日本の四季・世界の雪景色」
日本の四季をパステルで描いた作品「桜茶屋」「蛍」「彩り」「風花」を並べて展示したほか日本のおばあちゃんを描いた正月らしい作品「フロム・ザ・パスト」を展示。また、冬の季節にあわせて、ヨーロッパの雪景色を題材とした作品を選びました。

11月29日(水)〜12月25日(月) オープン記念展 「笹倉鉄平画業15年のあゆみ」 Part 2
展示室2では「冬・雪景色」をテーマに懐かしい作品から最新作までお楽しみいただきました。

11月3日(金・祝)〜11月27日(月) オープニング記念展『笹倉鉄平 画業15年のあゆみ』
2006年11月3日(金・祝)
笹倉鉄平フアン待望の版画ミュージアムが、神奈川県大和市にオープンしました。
オープン初日、笹倉鉄平本人も来館し、各地よりご来館頂いた大勢の鉄平フアンの皆様と、楽しいひとときを過ごすつことが出来ました。
文化の日、絶好の天気にも恵まれて、素晴らしいオープニングイベントとなりました。ファンの皆様には、館内の15年間それぞれの代表作品30点余をを楽しんでいただきました。笹倉鉄平が画家として活動するようになってから今日までの軌跡をたどる展覧会。
1991年に発表した第一作「カダケス」から15年間の作品の中から、年代ごとの代表作をご紹介しました。鉄平ファンにとっては懐かしい初期の代表作もご堪能していただきました。

 

 

笹倉鉄平版画ミュージアム

〒242-0014
神奈川県大和市上和田1777
TEL.046-267-8085
FAX.046-267-6260

2016112日(水)〜20161120() 

 8回「やまと子ども絵画大賞」

 1

なお、116日(日)13:00